感染症対策

感染症対策については、下記の事項に気をつけています。

 

・マスクは基本装着し気合は控える。(気分が悪い場合は外す)

・稽古前と後に必ず流水による手洗いと消毒を実施。窓を開け、換気と空調、扇風機をつける。

・稽古前に体温を測り、記録する。

・風邪の症状や感染症等の症状がある場合は、必ず連絡し休む。また、感染症の可能性がある場合は稽古を控える。(家族、学校、職場等で濃厚接触者又は陽性者が出た場合も含む)任意のPCR検査も含むが陰性の場合その限りではない。

・稽古後は、道場の消毒作業を行う。

・家族や感染等に心当たりある場合は、無理せずお休むこと。